国際郵便 | EMS送り方

MENU

EMS(国際スピード郵便)送り方マニュアル

EMS(国際スピード郵便)送り方マニュアル:目次

 

EMS送り方 まずはEMSで送れるサイズを確認しましょう

 

EMS送り方 送り状の書き方

 

EMS送り方 EMSの追跡番号をトラッキングする方法

 

 

EMSの料金表

 

EMS送り方 EMSの料金が一目で分かる表

 

EMS送り方 EMSの料金表(アジア編)

 

EMS送り方 EMSの料金表(北中米・オセアニア・中近東編)

 

EMS送り方 EMSの料金表(ヨーロッパ編)

 

EMS送り方 EMSの料金表(南米・アフリカ編)

 

 

EMSについて、あれこれ

 

EMS送り方 EMSってそもそも何?かんたんに解説します

 

EMS送り方 専用パウチが必要な場合

 

EMS送り方 EMSで中国に送る時に役立つ本

 

EMS送り方 EMSでメキシコに送ったときにかかった料金

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

Sponsored Link

EMS(国際郵便)送り方マニュアル記事一覧

EMSは、「送り先の国のエリア」と「荷物の重さ」によって料金が変わります。EMSの料金は日本郵便のサイト内で、分かりやすく表でまとめられているので、こちらを参考にしてください。■EMS料金表(日本郵便サイト)https://www.post.japanpost.jp/int/charge/list/ems_all.htmlEMSの料金は、送り先が「第1地帯(アジア)」「第2地帯(オセアニア、北中米...

EMS(国際スピード郵便)で送った商品、荷物が「今どこにあるか?」をtrackingするための2つの方法を解説します。追跡番号をtrackingする方法日本郵便マイページサービスで確認webサイト「17track」で確認この2つの方法について、それぞれ簡単に解説していきます。①:日本郵便マイページサービスで確認一般的なのは、日本郵便マイページサービスで配達状況を確認する方法です。ただし、これは日本...

基本的にはEMSで発送可能の物の大きさは、下記のサイズ感を基準にしておけば大丈夫です。長さ(最長辺)=1.5m以内長さ+横周り=3m以内送る荷物が四角の箱だったとしたら「縦+横+高さ=3m以内」ということです。さらに「縦」「横」「高さ」の中で一番長い辺が、最大で1.5mのより長いとダメだということです。アメリカへEMSで送れる物のサイズは?長さ(最長辺)=1.5m以内長さ+横周り=2,75m以内発...

先日、重さ4.8kgの物をメキシコにEMSで送りました!金額は8,750円でした。メキシコは、第2地帯(オセアニア・北米・中米・中近東)に該当していますので、4.5~5kgの荷物の料金は「8,700円」なのですが、保障金額2万円以上の商品だったので+50円がかかって、8,750円になっています。同じ重さでも、第3地帯(南米・アフリカ)では「16,300円」と倍程度の金額がかかってきてしまいます。国...

EMS(国際スピード郵便)をアジアへ発送する場合の料金表です。「発送料金」と「EMSを発送できる取扱国」を2つまとめてみました。EMSの料金表(アジア編)※この記事を書いた2017/9/30時点の料金表です。今後、料金改定があったら変わる可能性がありますのでご注意ください。EMS発送できるアジアの国一覧EMSはアジアならどこでも送れるというわけではありません。下記のEMS取扱国のみ送ることができま...

アメリカを筆頭に、カナダやメキシコ、オーストラリアなど比較的送る機会が多い第2地帯(北中米・オセアニア・中近東)のEMS料金表です。※この記事を書いた2017/10/12時点の料金表です。変わる可能性がありますのでご注意ください。EMSで発送できる国リスト(北中米・オセアニア・中近東編)次に、EMSの取扱いのある国の一覧をまとめてみます。北中米・オセアニア・近中東の属する国であれば全ての国にEMS...

日本郵便のサービス、EMSをヨーロッパに送る時の料金表を作成しました。EMSも重さに応じて料金が決まっています。下記の表で料金を確認してみてください。※2017年10月時点のEMS料金表です。変わる可能性がありますのでご注意ください。EMS取扱国一覧(EU編)ヨーロッパの地域別に、EMSの取扱国をまとめました。あなたが送ろうとしている国が、EMS取扱国に含まれているか確認してから発送しましょう。(...

送る頻度は少なめかと思いますが、南米やアフリカへのEMS発送の料金表をまとめてみました。この中で比較的に送ることが多い国としては、ブラジル、アルゼンチン、チリ、南アフリカ、エジプト、あたりでしょうか。EMSの料金表(南米・アフリカ編)※2016年10月時点の料金です。変わる可能性があるのでご注意ください。EMS発送に対応している国一覧(南米・アフリカ編)南米ブラジルアルゼンチンコロンビアチリウルグ...

EMSのことが何も分からないときに、「誰でも簡単に国際郵便EMSができるマニュアル」を発見して読みました。紙の本はなく電子書籍kindleのみです。行政書士事務所さんが書いた本なので、信頼できると思います。全26ページとボリュームは少ないのですが、200円で購入できてサクッと読めるので紹介します。誰でも簡単に国際郵便EMSができるマニュアル感想EMSそのものについての説明は、日本郵便から提供されて...

EMS(国際スピード郵便)とは、日本郵便(郵便局)が提供する国際郵便サービスです。EMSは物品用と書類用と二つに分かれていますので、送る時は注意が必要です。(EMSを発送する流れは変わりません)EMSって何の略語?EMSは「Express Mail Service」の略です。アメリカでは「Global Express Mail」と呼ばれていますが、EMSでも通じました。郵便局では、EMS以外にも「...

ここでは、EMSの送り状を手書きで書く場合の書き方を説明したいと思います。EMS送り状(ラベル)は郵便局の窓口でもらうか、伝票記入コーナーに備えつけられているものをもらうかで入手できます。参考までに私が仮で記入したEMS送り状(ラベル)物品用の記入見本が下記の画像です。記入見本の解説FROM(ご依頼主)英語で自分の住所を記入します。日本の住所とは逆の順番で記入してください。できれば電話番号は書いて...

日本郵便のマイページサービスでEMSの送り状(ラベル)を印刷して郵便局へ持っていく場合は、専用パウチが必要です。専用パウチは、基本的に郵便局にはありません。ですので、事前に日本郵便のマイページサービスから請求して送ってもらっておかなければいけません。専用パウチがないとEMS送り状ラベルを郵便局の窓口へ持っていっても、荷物を送ることができませんので要注意です。専用パウチを請求する方法は当サイトで説明...