MENU

国際郵便のよくある質問集

国際郵便のよくある質問集:目次

 

国際郵便 注意!国際郵便で送れない物一覧

 

国際郵便 2キロ以上の物を海外へ送る時は、どうすればいい?

 

国際郵便 海外へ発送できない!アルコール濃度が高い物とは?

 

国際郵便 輸出で送れない!「アルコール濃度」「引火点」って何?

 

国際郵便 海外の住所に書いてある「P.O.Box」って何?

 

国際郵便 カメラは電池を取り付けた状態ではないと発送できない!?

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link

国際郵便の疑問が解消する!よくある質問まとめ記事一覧

日本郵便が提供する国際郵便サービス(SAL便、EMS、国際eパケット、国際eパケットライトetc)で送れない物を確認しましょう。日本郵便(郵便局)の公式サイトで明記されていますので、eBay、amazon輸出を行う際はこちらのページの内容は把握しておきましょう。■国際郵便として送れないもの(郵便局公式サイト)http://www.post.japanpost.jp/int/use/restrict...

2キロ以上の物を送る場合は小型包装物扱いで発送できないため、発送費用は高くなってしまいます。小型包装物より高くなってしまうことが多いものの、2キロ以上の物を海外発送する場合は下記の国際郵便サービスを利用しましょう。2キロ以上の物で使うべき国際郵便EMS(国際スピード郵便)航空便(国際小包)SAL便(国際小包)船便(国際小包)この4つのサービスについて、解説します。EMS(国際スピード郵便)発送費用...

アルコール濃度が高い物は、海外へ送ることができないことが多いです。アルコール濃度が高い物というと、よく言われるものが香水です。香水はアルコール濃度が非常に高いため、引火しやすいもののため発送できません。香水以外にも、マニキュア、除光液などのアルコール濃度が高いものも同様に送ることができません。ヘアカラーやアルコール度数の高いお酒(24度以上)もダメです。つまりは引火しやすい物質の物は基本送ることが...

先日、アフターシェーブローションという香りのついた髭剃りを海外へ送ろうとしたのですが、アルコール成分の有無を疑われてしまい、成分表の提出、もしくはメーカーに電話して「アルコール濃度」「引火点」を確認するように言われました。この時「アルコール濃度」「引火点」について調べたことについて書きます!まず、国際郵便サービスで化粧品を送る場合、アルコール濃度と引火点の数値が下記でなければならないとのこと。アル...

eBay、amazonの取引で海外の住所に多く触れていると「P.O.Box」と書いてあることを見かけます。これは「Post Office Box」の略で、郵便局の私書箱のことです。郵便局の私書箱とはこういうものです。(下の画像参照↓)「P.O.Box」と書かれている住所は、直接送り先の人の住所まで配達されず、受取人が郵便局の私書箱まで取りにいかなくてはいけません。日本ほど整備されていない海外の郵便...

カメラを海外発送する時は、リチウム電池に注意です。リチウム電池がカメラ本体と同じ箱の中にある場合・・・電池をカメラ本体に設置された状態ではないと、郵便局の国際郵便サービスで海外発送することができません!ので要注意です。新品のカメラを送る場合でも、箱を空けてカメラ本体にリチウム電池を取り付けた状態にして郵便局の発送窓口に持っていく必要があります。郵便局が配布している国際郵便早見表にも、リチウム電池に...