航空書簡の送り方を詳しく解説!

MENU

航空書簡の送り方マニュアル

航空書簡のことを全く分からない方は、まずは一番下の「航空書簡って何?」からお読みください。

 

「ある程度、航空書簡のことは分かっている!」という方は一番上の「航空書簡の折り方※画像解説つき」から読んでいっていただければ、失敗なく航空書簡を送ることができます。

 

航空書簡の送り方マニュアル:目次

 

航空書簡 航空書簡の折り方※画像解説つき

 

航空書簡 航空書簡の書き方の手順

 

航空書簡 航空書簡の料金について

 

航空書簡 購入できる場所と注意点

 

航空書簡 ポスト投函でも送ることはできる?

 

航空書簡 送れる物の大きさは?

 

航空書簡 航空書簡は交換できるって本当?

 

航空書簡 航空書簡って追跡できる?

 

航空書簡 航空書簡って何?

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

Sponsored Link

航空書簡の送り方マニュアル記事一覧

航空書簡の折り方はシンプルですので、このページの順番に折っていってください。90円の航空書簡一枚が台無しになってしまうかもしれない注意点がありますので、一通りこの記事の一番最後まで読んだ上で進めていただくと確実です。航空書簡を折る順番(この順番通りに進めてください)まず、裏面にある「差出人の住所氏名」の下の方にある「はじめにここを折る」の線に沿って折ってください。このような状態になります。次に、「...

航空書簡の書き方は、通常の国際郵便と基本的に同じです。航空書簡には、「宛名」と「差出人名」の2箇所を手書きで記入する場所があります。難しく考える必要はありませんが、迷いそうなポイントを抑えながら基本的な書き方を解説します。宛名の書き方名前ここに相手の名前を書きましょう。性別がわからない場合は、「Mr.」や「Ms.」などはつけずフルネームだけを書いても失礼にあたりません。性別が分かる場合、男性の場合...

航空書簡の料金は非常に分かりやすくて、全世界どこでも90円/枚です。25g以下、厚さ1cm以下という制限はありますが、薄くて軽いものを送るには最適な郵便サービスです。速達をつけた場合の料金:320円(90円+230円)航空書簡は速達もつけることができます。速達をつける場合もポスト投函ではなく郵便局の窓口に出します。※郵便局の方に直接聞いてみたところ、航空書簡を速達で出しても1~2日くらいしか変わら...

航空書簡は郵便局窓口での販売(90円/枚)が一般的ですが、一部のネットショップでも取扱いがありました。10枚以上購入ではじめて注文ができて、なおかつ送料もかかるようですが、下記のECサイトで航空書簡の取扱いがあるようでした。■航空書簡が購入できるショップhttp://www.cdown.jp/whatsnew/news.php/6郵便局まで買いに行くのが嫌な方は上記のECサイトで購入するのも良いか...

航空書簡で送る準備ができたら、「自宅近くにあるポストに投函する」もしくは、「郵便局内にある郵便窓口に持っていく」どちらかで発送すれば大丈夫です。「国際郵便物なのにポスト投函でちゃんと届くかな?」と不安な場合は、郵便窓口に持って行けば安心です。何か問題があれば、窓口で郵便局員の人が問題を指摘してくれるかもしれません。(郵便局員の方からすると、ポスト投函でいけるものを受け取っているだけなので、あまり注...

航空書簡のサイズを測ってみたところ「横18cm × 縦9.5cm」でした。航空書簡にはサイズ以外にも、重さや厚さの制限がありますので、航空書簡で送れる物の条件は以下になります。【航空書簡で送れる物の条件】横18cm × 縦9.5cm以下の物25グラム以下の物厚さ1cm以下の物この大きさにおさまらない場合は、SAL便など別のお郵便サービスを利用すると良いでしょう。

10円/枚で交換できます。航空書簡を書き間違えたり、糊付けで失敗してしまっても、郵便局の窓口へ持っていけば交換してくれます。当サイト記事でも書いていますが、かなり糊付けで失敗してしまうことが多いです。初めて航空書簡を送るという場合は、当サイト記事「航空書簡の折り方マニュアル」を読んで間違いやすい点を把握しておきましょう、また、もう一点注意点としては郵便局内に航空書簡の在庫がなくなっているところもあ...

航空書簡もちゃんと書留をつけて追跡することができます。料金は、全世界共通で500円(90円+410円)です。ものすごく遠い国も、韓国や台湾のように近い国であっても全世界共通料金です。航空書簡料金500円の内訳90円 ⇒ 全世界共通の発送料金410円 ⇒ 追跡サービスをつけるための料金25g以下の軽いものを送る時で、さらに追跡もしたい場合は、SAL便や国際eパケットライトなどを使うのではなく、航空書...

全世界共通「90円」で送ることができる国際郵便サービスで、海外の方に手紙を送る場合や、トレーディングカードなど薄くて軽くて小さい物を送る時に適したサービスです。航空書簡のことを簡単に列挙すると下記のような感じです。料金全世界共通で「90円」※下記間違えなど失敗してしまった場合は10円/枚で交換可能。書留と速達速達 → 230円書留 → 410円発送できる重さ制限25gまで航空書簡のサイズ横18cm...