EMSの追跡番号をtrackingする!簡単な2つの方法

EMS(国際スピード郵便)で送った商品、荷物が「今どこにあるか?」をtrackingするための2つの方法を解説します。

 

追跡番号をtrackingする方法
  • 日本郵便マイページサービスで確認
  • webサイト「17track」で確認

この2つの方法について、それぞれ簡単に解説していきます。

 

①:日本郵便マイページサービスで確認

一般的なのは、日本郵便マイページサービスで配達状況を確認する方法です。
ただし、これは日本郵便マイページサービス内の「オンラインシッピングツール」で送り状作成&追跡番号を発行した場合のみ確認できる方法です。
郵便局でもらった送り状ラベルに記入してから、郵便局に持っていった場合はこちらの方法だと追跡できません。

 

日本郵便マイページサービスにログイン

 

 

EMS追跡

 

まずは、日本郵便マイページサービスのアカウントを作成して、ログインします。

 

EMS追跡番号

 

「発送履歴をみる」をクリック

 

 

EMSをtrackingする

 

「オンラインシッピングツール」の枠の中にある「発送履歴」をクリックします。

 

EMS追跡番号

 

「配送状況」の列で現在のステータスを確認!

 

 

EMS追跡方法

 

上記画像の赤枠の部分で、最新の配達状況を確認できます。

 

 

②:webサイト「17track」で確認

2つ目の方法として、「17track」というサイトに追跡番号を入力すると、配達状況を見ることができます。
この方法の良いところは、発送先の相手に17trackのURLと追跡番号を渡せば、先方も追跡状況を確認できるところです。

 

 

■17track
https://www.17track.net/en

 

ここにEMSの追跡番号(「EG000000000JP」というようなEG+数字9ケタ+JP)を入力して検索してみましょう。

 

「17track」に追跡番号を入力

 

 

EMS

 

ここに「EMS+数字9ケタ+JP」の追跡番号を入力して検索してみましょう。追跡番号を入れたら、右下にある「Track」ボタンを押せば検索することができます。追跡したい番号が複数でも、一気に入力して検索することが可能です。

 

EMS追跡番号

 

荷物の最新ステータスを確認

 

 

EMSトラッキング

 

英語ですが、今現在荷物がどこにあるのか?が分かります。黄色い文字の部分が最新のステータスになっています。難しい英語ではないので、英語が苦手な人でも問題なく現在のステータスくらいは分かると思います。どうしても分からない場合はgoogle翻訳などの文章をコピペして日本語訳すればOKです。

 

EMS追跡番号

 

最新のステータスが「delivered」になっていればOK!

 

 

EMS追跡方法

 

黄色い文字で「Your item was delivered ~」というような感じで、記載されていれば到着したということが分かります。17trackでちゃんと追跡できていれば、このようにいつ荷物が到着したかまで分かります。

 

「17track」は送り先の相手とEMSの荷物の場所を共有できるので、おすすめの確認方法です。
また、EMS以外にも国際eパケットライトやSAL便などもtrackingすることができますので、海外発送を定期的に行う方は覚えておくべきサイトと言えるでしょう。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

Sponsored Link