EMS料金表(北中米・オセアニア・中近東編)

MENU

EMS料金表(北中米・オセアニア・中近東編)

アメリカを筆頭に、カナダやメキシコ、オーストラリアなど比較的送る機会が多い第2地帯(北中米・オセアニア・中近東)のEMS料金表です。

 

EMS料金アメリカ

 

※この記事を書いた2017/10/12時点の料金表です。変わる可能性がありますのでご注意ください。

 

EMSで発送できる国リスト(北中米・オセアニア・中近東編)

次に、EMSの取扱いのある国の一覧をまとめてみます。
北中米・オセアニア・近中東の属する国であれば全ての国にEMSを送れるということではありません。

 

あなたがEMSで荷物・商品を送りたい国が、ちゃんとEMSの取扱いがあるかを確認しましょう。

 

北中米
  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • エルサルバドル
  • キューバ
  • コスタリカ
  • ジャマイカ
  • トリニダード・ドバコ
  • バルバドス
  • パナマ
  • ホンジュラス

 

オセアニア
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • フィジー
  • ソロモン
  • ニューカレドニア
  • パプアニューギニア

 

中近東
  • UAE(アラブ首長国連邦)
  • イスラエル
  • イラク
  • イラン
  • オマーン
  • カタール
  • キプロス
  • クウェート
  • サウジアラビア
  • シリア
  • トルコ
  • バーレーン
  • ヨルダン

 

※赤文字の国は、EMSで送ることができる地域が限られている国です。
 特に、発送先が都市部では無い場合は、念のため郵便局に発送可能かを確認してから発送すると良いでしょう。

 

発送することが多いのは圧倒的にアメリカかと思いますが、アメリカならどの地域でも送ることができるわけではなく、送れない地域もあるようです。
アメリカの中でも、聞きなれない土地や僻地が発送先の場合も、一応郵便局に発送可能か問い合わせてみると確実です。

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Sponsored Link